最下位ケルン、新年初戦はAT弾で劇的勝利…大迫はベンチ入りも出番なし/ブンデスリーガ第18節

最下位ケルン、新年初戦はAT弾で劇的勝利…大迫はベンチ入りも出番なし/ブンデスリーガ第18節

■ブンデスリーガ第18節 ケルン 2-1 ボルシアMG

ケルン:セーレンセン(34分)、テロッデ(90+5分)

ボルシアMG:ラファエル(69分)

ブンデスリーガ第18節が14日に行われ、ケルンとボルシア・メンヒェングラッドバッハのダービーマッチが行われた。

肺炎で戦線を離脱していた大迫勇也がベンチに戻り、ヨナス・ヘクターは先発復帰している。

ケルンは大迫不在の影響もあり、前線で起点ができず、なかなか攻撃の形を作れない。一方のボルシアMGは丁寧にビルドアップを行い、チャンスをうかがう。

それでもゴールの匂いが漂うのはセットプレー時。コーナーキックでボルシアMGのMFクリストフ・クラマーが決定的なシュートを放ち、スタジアムを沸かせる。ケルンも素早いスローインから活路を見出す。

するとスコアが動いたのはやはりセットプレーから。34分、ミロ・ヨイッチのFKをファーでフレデリック・セーレンセンが合わせ、ケルンが大きな先制点を手にする。前半はホームのケルンが1点をリードして終了。

後半開始からボルシアMGはラファエルを投入すると、ワンサイドペースに。ケルンは身体を張った守備で何とか耐えるが、69分についに決壊。パトリック・ヘアマンのシュートを一度はGKティモ・ホルンが止め、ラファエルのシュートもDFがブロックするものの、再びラファエルが押し込み、スコアは1-1に。

その後は決定機を作るのはボルシアMG。しかし、フィニッシュがことごとく枠内に外れ、逆転弾には至らない。

このまま試合が終了すると思われたアディショナルタイム5分台に試合は再度動く。左サイドからのクロスにシモン・テロッデが頭で合わせると、ゴール右にボールは収まった。

劇的なAT弾で勝利したケルンはリーグ戦2勝目を記録。後期開幕戦を最高の勝利、ファンとともに喜びを分かち合った。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索