バルサ加入のミナ、メッシとの初対面に「彼から挨拶をしてくれて鳥肌が立った」

バルサ加入のミナ、メッシとの初対面に「彼から挨拶をしてくれて鳥肌が立った」

この冬にパルメイラスからバルセロナに加入したDFジェリー・ミナが、13日にバルセロナの入団発表に臨んだ。

移籍金1100万ユーロでバルセロナに加わった23歳ミナ。同選手はカンプ・ノウのピッチでユニフォーム姿をお披露目する際に、靴を脱ぎ、裸足となって芝生の上に立っている。

ミナはその後に行われた会見で、裸足となった理由を「聖書には「裸足で立った地はあなたのものになる」という一節があって、だからそうしたんだ」と説明。また「これから欠点を直していかなければならない。今はチームメートから学んでいくときだ」と、バルセロナでさらなる成長を果たすことを誓っている。

ミナはさらに、バルセロナのエースFWリオネル・メッシと初めて対面した場面を振り返った。その謙虚な姿勢に、感銘を受けたようだ。

「レオについて興味深かったのは、その謙虚さだった。ロッカールームで、彼から僕に近づいてきて挨拶をしてくれたんだ。鳥肌が立ったよ」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索