FIFAが2022年W杯に関する重大声明!参加国拡大を見送り、現行通り32カ国で開催へ

FIFAが2022年W杯に関する重大声明!参加国拡大を見送り、現行通り32カ国で開催へ

国際サッカー連盟(FIFA)は、2022年カタール・ワールドカップでの参加国拡大を取りやめ、現行のチーム数で行うことを発表した。

FIFAは当初、会長を務めるジャンニ・インファンティーノ氏が強く支持する48カ国が参加する大会形式を2022年大会から前倒しする予定で議論を進めてきた。しかし、カタールの単独開催で行うことが困難で、近隣諸国との間にも緊張が生まれており、共同開催には懐疑的な見方が強まっていた。

そんな中、22日にFIFAは議論する時間が不十分なことから、3年後に迫ったカタール・ワールドカップでの参加国増大が困難との見方を示した。これによると「FIFAとカタールは、参加国を増やすためのすべての可能性について検討してきた。支援団体とも十分な協議をした結果、現状で新たな形式で行うことはできないという結論に至った」と声明を発表し、現行のフォーマットで大会を行うと続けた。

「詳細を評価するのに時間が必要で、期限である6月までに結果を出すことはできないことが予想される。それゆえに、このオプションをこれ以上追求しないことを決めた。2022年のFIFAワールドカップカタール大会は、32チームが参加する当初の計画で行われることになる」

これにより、カタールW杯での48チーム開催の可能性はなくなった。なお、アメリカ、カナダ、メキシコの共同開催で行われる2026年大会はすでに48チームでの開催が決定している。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索