ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋のローマ移籍の可能性について、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が4日に見解を示した。

冨安は昨夏、1年半所属したシント=トロイデンからボローニャへとステップアップ。すぐさま右サイドバックでレギュラーの座を勝ち取ると、ここまでセリエAで20試合に出場し、印象的な活躍を示してきた。そんななか、今夏の移籍市場に向けてパウロ・フォンセカ率いる名門ローマが冨安の獲得に関心を示していると報道される。

ローマは現在、所属選手の高額年俸など経費の削減に取り組んでおり、今シーズン出場機会に恵まれていない28歳の元ブラジル代表DFフアン・ジェズスらの放出も併せて検討しているという。そのJ・ジェズスに関心を示しているとされるのがボローニャであり、イタリア紙は「彼に関心を寄せるボローニャでは、ローマが気に入っている日本人DF、トミヤスがプレーしている」と伝え、2人のトレードの可能性について見解を示した。

問題点として評価額に開きがあることを指摘。「金銭的に同等のトレードは、(ボローニャのテクニカルディレクター、ヴァルテル)サバティーニにとって提案できるものではない」との考えを示した。このためボローニャ幹部は、「将来が不透明な(アレクサンダル)コラロフや1月のメルカートで争奪戦に敗れて逃した若手(ロジェール)イバニェスも喜んで獲得を狙う」可能性があると分析。冨安とのトレード候補が複数いることを示唆した。

1927年に創設され、元イタリア代表フランチェスコ・トッティ氏や元日本代表中田英寿氏もかつて所属した名門ローマ。若き日本代表DFのさらなるステップアップは実現するのか、今後の動向は注目されるところだ。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です