ハット達成のメッシ、敵地での喝采に驚き「初めてのこと。ベティスサポーターに感謝する」

ハット達成のメッシ、敵地での喝采に驚き「初めてのこと。ベティスサポーターに感謝する」

17日のリーガ・エスパニョーラ第28節、バルセロナは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に4−1で勝利した。ハットトリックを達成したFWリオネル・メッシは、自身に喝采を浴びせたベティスファンに感謝を述べている。

メッシはこの試合の18分に直接FKからチームの先制点を決めると、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスのヒールパスから追加点を獲得。そして圧巻だったのは、ハットトリックとなる85分のゴールだった。

歩きながらペナルティーエリアに入ろうとした背番号10は、左サイドのラキティッチからパスを送られると、左足ダイレクトでループシュートを放った。緩やかな曲線を描いたボールは、GKパウ・ロペスのジャンプもむなしくクロスバーに当たってから枠内に収まった。ベニト・ビジャマリンの観客も、このゴールには脱帽といった様子で、喝采とともにメッシの名を何度もコールしている。

試合終了後、スペイン『モビスタール・プルス』とのフラッシュインタビューに応じたメッシは、アウェースタジアムで喝采を受けたのが初めてのことであり、大きな感銘を受けたと話している。

「アウェーの観客が自分のゴールに喝采を浴びせるなんて、記憶にない。ベティスサポーターの反応に感謝をするよ。とても大切な勝利になったね」

「直接フリーキックとループシュートのどちらが難しい? 分からないよ。結局、その二つともゴールであることに変わりはない。それに、今日は失敗できなかったしね」

首位バルセロナは前日にアスレティック・ビルバオに敗れた2位アトレティコ・マドリーとの勝ち点差を10に広げ、リーガをほぼ手中に収めたともみられている。

「リーガは僕たち次第だが、何も決定的ではない。まだ獲得できる勝ち点は残っている」

「アトレティの試合後だったし、重要な試合であることは分かっていた。失敗はできなかったんだ。僕たちはボールを持っても持たなくてもゲームを支配していた。ほぼ完璧な試合を演じることができたね」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索