ビルバオに敗戦のアトレティコ、コパ&CLに続きリーガも終戦か…西紙「シメオネいるのに3月でゲームオーバー」

ビルバオに敗戦のアトレティコ、コパ&CLに続きリーガも終戦か…西紙「シメオネいるのに3月でゲームオーバー」

16日のリーガ・エスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦を0-2で落とした。

ミッドウィークにユヴェントスとのセカンドレグを0−3で落とし、1月のコパ・デル・レイに続き、チャンピオンズリーグでも敗退に追い込まれたアトレティコ。そうした大一番での敗戦の後には立ち上がることを、勝利することを常としてきたシメオネ監督率いるチームだが、今回は様相と違った。

ジエゴ・コスタ、モラタ、グリーズマンという豪華FWを揃い踏みで先発させたアトレティコは前半、アスレティックとインテンシティー高い攻防を繰り広げ、ゴールまで容易に近づくことができない。44分にはグリーズマンがペナルティーエリア内に侵入したが、ジェライの決死のスライディングによってシュートを放つまでには至らなかった。

シメオネ監督は後半、4−4−2システムの中盤をフラットからダイヤモンドに変更し、グリーズマンのポジションをサイドハーフからトップ下に移したが、それでも効果的な攻撃を見せられず。すると73分、ヒメネスの不用意なボールロストからウィリアムスのシュートを許して失点し、さらに85分にはコドロにもネットを揺らされて2点ビハインドで試合を終えた。

公式戦2連敗、リーガでは5試合ぶりの敗戦を喫した2位アトレティコは、翌日にベティス戦を控える首位バルセロナとの勝ち点差を7から縮めることができず。もし勝ち点10差に広げられるならば、ただでさえ奇跡に近いリーガ逆転優勝が、ほぼ不可能となる。

なおスペイン『アス』は同試合の戦評で「ゲーム・オーバー。3月にこの文字を読むのは難しい。チョロ(シメオネ監督)がいるのにそうなるのは奇妙、奇妙過ぎる」と記載。シメオネ監督率いるアトレティコが、3月の段階で今季メジャータイトル獲得の可能性を失ったとの見解を、大きな驚きでもって伝えている。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索