グリーズマンが「キャリアで最も難しい決断」と認めたこと「夜中の3時に起きて話し合った」

グリーズマンが「キャリアで最も難しい決断」と認めたこと「夜中の3時に起きて話し合った」

アトレティコ・マドリーへの残留を決断したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは「キャリアで最も難しい決断」だったことを認めている。

グリーズマンはかねてよりバルセロナへの移籍が取り沙汰されてきたが、6月に残留を宣言。終わらない憶測の報道に終止符を打った。グリーズマンはフランス『テレフット』に「すでに話したように愛を感じた」と残留を決めた要因を挙げつつ、このように続ける。

「全員が、僕がどうするかを知りたがっていた。キャリアで最も難しい決断だったよ。夜中の3時に起きて妻と話し合ったこともあった」

アトレティコに残留したグリーズマンが見据えるはチャンピオンズリーグのタイトルだ。昨シーズンはグループステージで敗退を余儀なくされただけに、鼻息は荒い。

「チャンピオンズリーグでは、昨シーズンより良いものにしたい。ノックアウトステージにもたどり着けなかったからね。僕の失敗の大部分はメンタル面による影響だった」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索