元マンチェスター・ユナイテッドで、現在はパルマDFマッテオ・ダルミアンは、かつての同僚であるFWマーカス・ラッシュフォードについてバロンドールを受賞する可能性もあると話した。『ガーディアン』が報じている。

ラッシュフォードは2016年に10代でトップチームデビュー。それから4年が経過し、現在はオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で10番を背負い、主力選手へと成長した。今季はここまで31試合で19ゴールを奪っている。

昨夏パルマに売却されるまで、4年間ユナイテッドでプレーしたダルミアンは、ラッシュフォードにはさらなる潜在能力があると主張している。

「ラッシュフォードが初めて練習に参加したときのことをよく覚えている。すぐに『これは信じられない選手だ』と思った。この年齢の選手にしては印象的なことをやってくれたし、細かいところまで改善されていて、感銘を受けたよ。これまでの努力を続ければ、バロンドール受賞者になれるだろう。そう確信している。最も印象に残っている選手だ。僕にとってはキリアン・ムバッペのレベルに到達し、何年にもわたってバロンドールを争うことができる」

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です