プレミアリーグ第26節ウォルヴァーハンプトンvsレスターの一戦が現地時間14日行われた。

上位争いに加わっている両チームの争いはスコアレスのまま戦況が進み、前半終了間際の44分、ウィリー・ボリーがネットを揺らし、ウォルヴァーハンプトンが先制かと思われた。だがこのゴールはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の裁定を介し、ノーゴールとジャッジされる。

試合は0−0のまま後半に入り、レスターもユーリ・ティーレマンスやハーヴィー・バーンズがシュートを放つも得点までには至らず。

76分にはハムザ・チョードゥリーが2枚目のイエローカードをもらい、退場処分にレスターは数的不利に陥ってしまう。互いに1点が遠く、試合はスコアレスのままフルタイムを迎えた。

勝ち点1を分け合い、ウルヴスは勝ち点36で暫定7位に浮上。レスターは勝ち点50で3位となっている。