ドイツ4部レギオナールリーガ・ノルトオストに所属するロコモティーヴェ・ライプツィヒは、“見えない敵“との試合に向けて18万枚以上のチケットを販売。なお8日にはネット上でその試合の模様を届けている。

新型コロナウイルスの影響で、ドイツの下部リーグも3月中旬以降シーズンが中断となり、各クラブが財政状況が深刻化。そんな中、旧東ドイツの古豪でもあるロコモティーヴェ・ライプツィヒだが、財政面での負担を軽減するため、今月8日の“見えない敵“との一戦のチケットを販売開始したことで注目を集めていた。

そして、同クラブは試合当日、ユーモアを交えながらの声明で1枚1ユーロ(約115円)のチケットを18万2612枚を販売し、14万9547人が観戦した1937年にグラスゴーで行われたスコットランド対イングランドの試合の記録を塗り替えたと報告。数多くの国々のファンたちがこの試合のチケットを購入したと伝えている。

クラブはまた8日にユーチューブ上で事前にスタジアムや市内で撮影した映像をライブストリーミングで配信。ゴールシーンや得点者とのインタビューなどを加え、5−0で“見えない敵“相手に大きな勝利を収めたと伝えるも、相手チームの姿はやはり最後まで確認できなかった。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です