アーセナルの大株主が経営権の獲得を狙う?買収額は約1450億円

アーセナルの大株主が経営権の獲得を狙う?買収額は約1450億円

アーセナルの大株主、アリシェル・ウスマノフ氏が10億ポンド(約1450億円)で大部分の株式を買い取ろうとしていることが分かった。『スカイスポーツ』が伝えている。

11億2000万ポンド(約1兆6000億円)の総資産を持つウスマノフ氏は、30.04パーセントの株式をすでに保有しているが、さらに保有率を高め、経営権の獲得を目指している。しかし『フィナンシャル・タイムズ』によれば、アーセナルの筆頭株主であるスタン・クロエンケ氏は、公式な声明を出していないものの、このオファーを拒否するようだ。

アメリカンフットボールリーグ(NFL)のロサンゼルス・ラムズのオーナーでもあるクロエンケ氏は2011年に大部分の株式を保有し、それ以降、実質的にアーセナルの経営支配権を握っている。さらに同氏が運営するクロエンケ・スポーツ・エンタープライズは、2016年5月に67.05パーセントまで保有率を高めていた。

ウスマノフ氏は4月に『ブルームバーグ』で、今シーズン限りでの退団を報じられているアーセン・ヴェンゲル監督について「継続性は必要だ。ヴェンゲルの後任を準備する必要もある。それにヴェンゲル自身で後任を決めることだってできる」と監督人事に関してコメントを残してきた。

株式の買収や監督人事など、大きな過渡期を迎えようとしているアーセナルの動向に注目が集まる。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索