ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、パリ・サンジェルマン(PSG)との“事件”について言及した。

ドルトムントは、今季のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でPSGと対戦。このファーストレグで2ゴールを挙げて2-1の勝利に貢献したハーランドは、ゴール後に自身が度々行っているゴールパフォーマンスである座禅を組むヨガポーズをとっていた。

その後、セカンドレグの前にハーランドは『Snapchat』で「パリは僕の街」といった投稿でPSGを挑発。これに対し、ブラジル代表FWネイマールはセカンドレグでゴールを奪った際、ベンチ方向まで走っていき、ハーランドのゴールパフォーマンスを模倣した。さらにPSGは2-0の勝利で逆転での準々決勝進出を果たした試合後、多くの選手がハーランドのゴールパフォを模倣し、記念撮影をしていた。

今回、ハーランドは『ESPN』のインタビューでこの事件について言及。ハーランドは「彼らは瞑想を世界に広めてくれた。だから僕は感謝しているよ。瞑想はとても大事なものだからね。僕のやっていることを助けてくれたから、感謝しているさ」とコメント。皮肉と取れる発言で振り返った。

現在19歳のハーランドは、今冬にザルツブルクからドルトムントに移籍。加入後の公式戦11試合で12ゴールを挙げている。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です