【動画】ドルトムント、ヴォルフス守備網を破れずスコアレスドロー…香川真司はフル出場/ブンデスリーガ第18節

【動画】ドルトムント、ヴォルフス守備網を破れずスコアレスドロー…香川真司はフル出場/ブンデスリーガ第18節

■ブンデスリーガ第18節
ドルトムント 0−0 ヴォルフスブルク

現地時間14日、ブンデスリーガ第18節ドルトムントvsヴォルフスブルクが行われた。

この試合でドルトムントはスウェーデン代表の長身FWアレクサンダー・イサク、U−17イングランド代表ジェイドン・サンチョの若手2人を、リーグ戦で初めてスタメン起用した。

ドルトムントはパスによる崩しとカウンターを使い分けながら、序盤からヴォルフスブルクゴールを脅かす。22分にはサンチョが起点となり、香川真司を経由してルカシュ・ピシュチェクがクロスを入れるも、ゴール前のアンドリー・ヤルモレンコがシュートをふかして先制点とはならなかった。

香川は31分、カウンターで前を向くと、右サイドを走るヤルモレンコにパスを送る。しかし、ウクライナ代表アタッカーはシュートをゴール右側に外し、ここでもネットを揺らすことができず。

42分にはマリオ・ゲッツェの縦パスを受けたイサクがワントラップから右足でシュートを放つも、バーに弾かれて決まらなかった。

スコアレスのまま後半に入り、53分、香川が右サイドからクロスを入れ、ファー側にいたサンチョがダイレクトで合わせる。しかし、ポストに弾かれサンチョはブンデスリーガ初ゴールのチャンスを逃してしまう。

ドルトムントは78分で3枚のカードを使い切り、さらなる攻勢に出る。82分にはソクラティス・パパスタトプーロスがオーバーラップで右サイドを深くえぐり、中でクロスを受けたサンチョがワントラップからシュート。だが、これも相手DFにブロックされてゴールならず。

試合はこのままスコアレスで終わり、勝ち点1を分ける結果となった。同じ節でライプツィヒが勝利したため、ドルトムントは勝ち点を29に伸ばしたものの、リーグ4位に順位を落としている。

なお、この試合のシュート数は18−9とドルトムントが多くの決定機を創出したものの、枠内シュートは1−4という内容だった。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索