ランパードがCL初制覇をともに成し遂げたF・トーレスへ「チェルシーでの時間は最高だった」

ランパードがCL初制覇をともに成し遂げたF・トーレスへ「チェルシーでの時間は最高だった」

チェルシーのフランク・ランパード監督は、引退する元チームメイトのフェルナンド・トーレスへ言葉を送った。

2011年1月にリヴァプールからチェルシーに移籍したトーレスは、2014年夏までランパードとともにスタンフォード・ブリッジでプレー。在籍した3年半の間に、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ優勝をはじめ、ヨーロッパリーグとFAカップを共に制した。

そして23日、現在J1リーグのサガン鳥栖でプレーするトーレスは、スペイン代表時代の盟友アンドレス・イニエスタとダビド・ビジャが所属するヴィッセル神戸戦をもって引退する。これを受け、24日のノリッジ・シティ戦を前に会見を行ったランパード監督は、チェルシー時代のチームメイトについて言及している。

「フェルナンドは素晴らしい男であり、友人としても最高の間柄だよ。私たちはまだ連絡を取り合っている。彼は私が引退したときにも連絡してくれたし、私も彼に対して同様のことをした。なぜなら、私たちの関係にはリスペクトがあり、フェルナンドは人柄も良いからね」

「確かにチェルシーでは難しい時期もあった。しかし、それと同時に最高の瞬間もあった。彼のキャリアにとってここでの時間は最高のものだったはずだ。彼のファンタスティックなキャリアを最大限に祝福したいし、彼が今後どのような道を選んだとしても、きっと成功できるはずだと祈っている」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索