元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」

元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」

SC相模原は23日、元日本代表MF稲本潤一を完全移籍で獲得したことを発表した。

現在39歳の稲本はガンバ大阪の育成組織出身。1997年にトップチームでデビューした。その後は、アーセナルやガラタサライ、 アイントラハト・フランクフルなどヨーロッパのクラブでプレーし、2010年に川崎フロンターレに完全移籍し、日本復帰を果たした。札幌では2015年からプレーしており、2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは2試合に出場している。日本代表としては82試合に出場して5得点を記録。2002年、2006年、2010年と3度のワールドカップを経験している。

稲本は相模原を通じて以下のようにコメントを発表した。

「SC相模原と契約できたことをとても光栄に思います。自分の経験や知識の全てをいかして、相模原の勝利に貢献していきたいと思います。年齢も上の方ですので、チームを引っ張っていけたらと思います。応援、よろしくお願いします」


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索