プレミアリーグは、新型コロナウイルスの最新の検査で、陽性が検出されなかったことを発表した。

新型コロナウイルス感染拡大により3月13日に中断されたプレミアリーグは、6月17日の再開が決まり、先日から新型コロナウイルスの検査を実施。これまでに5回検査が行われ、計13名から陽性反応が検出される。今月上旬の検査では、トッテナムから1名の感染者が出たことがわかっていた。

そして6日、プレミアリーグは第6回の検査結果を発表。「プレミアリーグは6月4日木曜日と5日金曜日に、1195名の選手とクラブスタッフに対してCOVID-19の検査を実施した。0名の陽性反応が確認された」と声明を出した。

なお、新型コロナウイルス陽性が検出されなかったのは、5月末の4回目の検査以来、2度目となる。

3カ月余りにわたり中断したプレミアリーグは、17日に再開を迎え、マンチェスター・シティ対アーセナル、アストン・ヴィラ対シェフィールド・ユナイテッドが同日に開催される。