元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏が、サー・アレックス・ファーガソン元監督の“ヘアドライヤー”を避けていた4選手を挙げている。『beINスポーツ』が報じた。

ファーガソンはフットボール史上最高の監督の一人であり、マンチェスター・ユナイテッドでは26年間にわたって指揮。プレミアリーグでは通算13度の制覇を経験している。一方で、控室ではスター選手をときに怒鳴りつける“ヘアドライヤー”があったというのは有名な話だ。

ギグス氏はそういった被害を逃れられた選手は数人だけであったと明かしている。

「彼が一度も挑戦したことがない選手が3,4人いた。エリック・カントナ、ブライアン・ロブソン、ロイ・キーン、そしてクリスティアーノ・ロナウドだ。彼らは皆、それぞれのやり方で勝者だった。ピッチ上でやるべきことをやっていたし、やる必要があるとは感じていなかったんだ」

また、ファーガソンの人心掌握が優れていたことを認め、「彼は心理学の達人だった。選手がどう反応するか知っていながら放置などをして、特定の個人の力の最大限を引き出すことに長けていたんだ」と語っている。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です