レアル・マドリーで苦しむFWギャレス・ベイルについて、クラブのユースコーディネーターを務めるステファン・コーファール氏が『Goal』に対して問題点を指摘した。

2013年に当時の史上最高額となる8500万ポンドで加入したベイル。クリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマとの3トップは“BBC”と恐れられ、これまでチャンピオンズリーグ4度の制覇など数々のタイトルを獲得してきた。

しかし、ジネディーヌ・ジダン監督との関係は日に日に悪化し、昨夏にも放出候補筆頭と見られていたが、中国からのオファーを断って残留することに。指揮官は序盤戦こそ出場機会を与え、本人もそれに応えて開幕3試合で2ゴールを奪ったが、それ以降はゴールなし。再びベンチを温める日々が続いている。

『マルカ』などでも「ベイルはジダンが期待していたものを正確に届けた。つまり、何もないということだ」と酷評されるウェールズ代表FWだが、コーファール氏は過剰に批判されすぎていると言及。そして、抱える問題について語った。

「レアルでの彼に対する評価は、ちょっと信じられないようなものだね」

「問題はケガに対する脆弱性だよ。彼は内気で控え目で、内向的な人物なんだ」

「もちろん、彼は重いプレッシャーにさらされている。観客からもっとリスペクトされて、再び立ち直ってくれたら嬉しいよ」

またコーファール氏は、レアル・マドリーU-23チームは「世界最高」と自信を見せた。そしてアカデミーの選手にチャンスを与えれば、今よりももっと良いチームになるだろうと予想している。

「レアルは常に多くの若手をチームに加えている。常に大事にしてきたことだ。今季はナチョやカゼミーロ、(ダニ)カルバハルらがトップクラスで戦っているね」

「セルヒオ・ラモスやベンゼマ、ラファエル・ヴァランも20歳で来て、成熟して世界レベルの選手になった。ヴィニシウス(ジュニオール)やロドリゴ、(フェデ)バルベルデ、ヘイニエルも同じ道を歩んでいるね」

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です