マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ドルトムントのジェイドン・サンチョ獲得の噂をかわしている。

20歳のサンチョは今夏のステップアップが有力視されている。リヴァプール、レアル・マドリー、バルセロナなども獲得を狙うが、中でもマンチェスター・Uへの移籍が濃厚とみられる。一方で、ドルトムント1億ポンド(約132億円)を要求すると報じられており、ビッグディールになることは間違いない。

スールシャール監督はノルウェー記者から「サンチョの獲得を検討しているか?」と問われると、このように答えた。

「数学は得意だが、その質問には答えられない。多くのチームに多くのいい選手たちがいる。スポーツ的にも金銭的にも賢明なものが目の前にあれば、試してみるつもりだが、どんな約束もできない」

サンチョはドルトムントで通算99試合に出場し、34ゴールをマーク。2019-20シーズンはドルトムントの2位フィニッシュに貢献した。