安部裕葵はグリーズマンに似た選手?元鳥栖指揮官カレーラス氏が太鼓判

安部裕葵はグリーズマンに似た選手?元鳥栖指揮官カレーラス氏が太鼓判

現役時代にバルセロナに在籍したサガン鳥栖前監督のルイス・カレーラス氏は、安部裕葵がアントワーヌ・グリーズマンに似た選手であると話した。

今夏、鹿島アントラーズからバルセロナに移籍し、カンプ・ノウのクラブと4年契約を締結した安部。先日のコパ・アメリカで日本代表デビューを飾った将来を期待される20歳の同選手は、Bチームの選手として契約を結んだものの、今夏に来日するファーストチームとともに凱旋することが決まっている。

一部では安部のバルセロナ入りに懐疑的な意見が上がっているものの、サガン鳥栖の指揮官として安部を見てきたカレーラス氏は、スペイン『ムンド・ディポルティボ』に対して日本代表MFのポテンシャルの高さを語った。

「アベはセンターフォワードしてだけではなく、両サイドとしても、攻撃的な中盤でもプレーできる。カシマでは、主に左サイドでプレーしていたが、多くの試合に右サイドでも出場していた」

また、レアル・マドリーへ移籍したバルセロナアカデミー出身の久保建英が“アンドレス・イニエスタ”と形容される一方、カレーラス氏は安部を「グリーズマンのような特徴のある選手」と表現し、同選手のプレースタイルについて言及している。

「彼は技術面でも良い選手で、俊敏で、アジリティもあり、賢明さも持つ。それに1対1でも脅威となり、攻守の両面でハードワークのできる選手だ。90分を過ぎてもスピードは落ちず、フォワードとしてプレーすればゴールもアシストもできる。そして、最も重要なことは彼にはとても強いメンタリティがある」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索