レアル・マドリーのFWヴィニシウス・ジュニオールは、多くの批判を浴びる中でラヒーム・スターリングからインスピレーションを受けたようだ。『Esporte Interativo』が報じた。

ヴィニシウスは2018年夏にフラメンゴから4600万ユーロ(約54億7000万円)でレアル・マドリーへと正式加入。19歳未満としては最も高額な選手となった。昨シーズンはガレス・ベイルをベンチに追いやるなど重要な役割を果たしたが、今季はジネディーヌ・ジダン監督の下で序列は低下。リーグ戦での先発は6試合にとどまり、得点は1ゴールのみとなっている。

それでも、ヴィニシウスはスターリングを目標として、自身には改善が見られていると主張する。

「ユースでプレーしていたとき、僕は多くゴールを決めていた。プロではゴールから遠い位置でプレーしているし、得点するのは難しくなっている。でも僕はまだ19歳で、良くなっていると思う」

「僕にとっての目標はスターリングだ。僕の年齢のときの彼も同じようにプレーしていて、あまり多くのゴールを決めていなかった。でも昨シーズンは多くのゴールを決めていた。僕は改善しているし、右サイドもやらなくてはいけなくなっている。左サイドでは自然だったけど、右は難しいね」

マドリーは26日には、チャンピオンズリーグ・ラウンド16でマンチェスター・シティと対戦する。ヴィニシウスは目標としていたスターリングの前で結果を残すことはできるのだろうか。