ザック氏が考える「常に過小評価されてきた監督」とは?「私のウディネーゼのよう」

ザック氏が考える「常に過小評価されてきた監督」とは?「私のウディネーゼのよう」

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が10日、イタリアのラジオ局『TMW Radio』のインタビューに応じ、自身が考える「過小評価されている監督」を明かした。

日本代表を2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)へ導いたのち、北京国安やアラブ首長国連邦(UAE)代表の指揮を執るなど、近年はアジアを舞台に活躍してきたザッケローニ氏。過去にはユヴェントスやインテル、ラツィオなどビッグクラブの指揮官を歴任し、特にミランでは就任1年目でスクデットをもたらした手腕を持つ指揮官が、過小評価されていると考える監督の名前を明かした。

「私は(ジャン・ピエロ)ガスペリーニを非常に高く評価しているんだ」と語り、昨シーズンにアタランタ史上初となるセリエA3位の好成績を収め、チャンピオンズリーグへとチームを導いた指揮官を挙げた。今シーズンもここまでリーグ戦5勝1敗1分で3位につけるアタランタ。ザック氏は、ガスペリーニをウディネーゼ時代(1995年〜1998年)の自身に重ね合わせた。「彼は常に過小評価されてきたが、常に他の指揮官よりも多くのアイディアを提案してきたと考える。私がかつて、ウディネで作り上げた“若手中心のチーム”を継承して進めており、ピッチで熱意と勇気を見せてくれている」と称えた。

続いて元日本代表指揮官は、シモーネ・インザーギ率いるラツィオにも言及。「ラツィオは継続性を示すことができないようだが、インザーギはよくやっている。さらなる進化ができないのは、選手のレベルが変わらないからだろう」と見解を示した。さらにパウロ・フォンセカのローマについては、「工事中」とコメント。「(フランチェスコ)トッティと(ダニエレ)デ・ロッシの時代から脱却し、再建していく必要がある。多くを求められているクラブだが、簡単にはいかないだろう」と分析した。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る