サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也が、2019-20シーズンを終えて思いを語っている。

吉田は今冬、7年半在籍したサウサンプトンを離れ、サンプドリアへと期限付き移籍。当初は出場機会に恵まれなかったが、中断後は1試合除いて全試合でフル出場を果たした。チームも見事残留を果たしている。

そんな中、吉田は5日に自身のTwitterを更新。「いろんな思いや葛藤の中での6ヶ月でした!まずはしっかり休んで次の冒険への準備をします!Grazie!!」と述べた。

現在、吉田はサウサンプトンとは契約を満了し、サンプドリアともレンタル契約であったため、今後の去就は不透明なまま。「次の冒険」がどこでのプレーになるのか、今後も注目が集まるところだ。