ビジャレアル対アトレティコがアメリカで開催へ…昨季バルサ戦は反発を受けて未実施

ビジャレアル対アトレティコがアメリカで開催へ…昨季バルサ戦は反発を受けて未実施

リーガ・エスパニョーラは、スペインサッカー連盟(RFEF)にビジャレアル対アトレティコ・マドリーのアメリカ開催の承認を求めたようだ。

12月8日のビジャレアルとアトレティコ・マドリーの一戦は当初、ビジャレアルの本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われる予定だった。しかし、マーケティング戦略の一環としてアメリカ開催を推し進めるリーガ・エスパニョーラは、すでに両クラブとマイアミで行うことで合意した模様だ。

2018年にリーガ・エスパニョーラは、アメリカ企業の『Relevent Group』と15年間のパートナーシップ協定を結び、シーズンに1試合を同国で開催することを発表。今年1月にバルセロナ戦をマイアミで行うことを計画したが、最終的にRFEFや選手組合の猛反発を受けて白紙となっていた。

しかし、今シーズンはビジャレアルとアトレティコ・マドリーが渡米することを前向きに検討。ビジャレアルのフェルナンド・ロイグ会長は、スペインフットボールの発展のためにアメリカ開催は非常に有益なことと主張する。

そして、同クラブは公式ウェブサイトでこの件に関する声明を発表。「ラ・リーガとビジャレアル、アトレティコ・マドリーは、アメリカ開催に関するリクエストをRFEFに送った。国際的な発展はクラブ、リーガ、スペインフットボール、そしてスペイン自体にとって非常に有益がある」と主張し、選手とスタッフもアメリカでプレーすることに前向きであると伝えた。

また、アトレティコ・マドリーのミゲル・アンヘル・ジルCEOも「クラブのブランド発展のために働くアトレティコ・マドリーにとって、アメリカでのこの試合はこの取り組みを続ける上で重要なもの。国外のファンにスペインのフットボールを届け、将来の布石となる最高の試合になるだろう」とアメリカ開催の意義を強調している。

なお、アメリカへの試合開催に向けては、RFEFだけではなく、欧州サッカー連盟(UEFA)やアメリカサッカー連盟、北中米カリブ海サッカー連盟(Concacaf)の承認も必要とされている。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る