バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レヴァンドフスキが、3シーズン連続で得点王に輝いた。

バイエルンは27日、ブンデスリーガ最終節でヴォルフスブルクと対戦し、4-0と完勝。レヴァンドフスキもPKでゴールを挙げ、今季34得点目を挙げた。この結果、レヴァンドフスキは自己最多の34得点で3季連続の得点王に輝いている。レヴァンドフスキは試合後、このように語った。

「34ゴールという結果にとても満足している。誇りに思うが、チームのおかげだね」

一方で、シーズン中に伝えられていたゲルト・ミュラーの1シーズン40ゴールには届かず。だが、レヴァンドフスキは「あの頃とは比較にならない。現代サッカーとは少し異なるからね。別に僕を悩ませたりはしていない。僕は3試合を欠場したしね」と話すにとどめている。

なお、レヴァンドフスキはリーグ8連覇に貢献した立役者としてブンデスリーガの年間最優秀選手にも輝いている。