ドルトムントのボス監督がオーバメヤンに言及…守備の脆さ指摘には同意せず

ドルトムントのピーター・ボス監督が去就に注目の集まっているFWピエール=エメリク・オーバメヤンについて口を開いた。

現在アジアツアー中のドルトムントは、日本滞在を終えて17日には中国へ到着。今後はプレシーズン大会のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)を戦う。

エースのオーバメヤンはかねてより移籍の可能性が報じられ、日本でもミックスゾーンでは去就に関する質問が多く飛んだ。本人が具体的な言葉を発することはなかったが、それはボス監督にとっても同じのようだ。

「一度市場が開けば、うわさは8月末まで続くものだ。彼だけではなく、他の選手についてもね。しかし、そんな憶測は何の役にも立たない。彼は素晴らしい選手で、スカッドにいてくれて嬉しい。彼がここに残ることに関しては何の問題もない」

あくまでもオーバメヤン移籍の可能性については触れなかったボス。15日に行われた浦和レッズ戦ではコーナーキックから2失点するなど守備に不安を見せ、ボス監督は考えを問われた。

「その意見には同意しない。良い守備を持っているし、ドルトムントがどうプレーすべきかという新たなアイディアもある。全員が適応する必要がある。MFやFWがやるべきことをやらなければ、DFに問題が生じる。我々はチームで攻撃し、チームで守備をするんだ。もっと良くなっていくだろう。2戦目(浦和戦)は1戦目(ロートヴァイス・エッセン戦)より良かったからね」

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索