28日のラ・リーガ第32節、レアル・マドリーは敵地RCDEスタジアムでのエスパニョール戦に1-0で勝利した。この試合でノールックのヒールパスからMFカセミロの決勝点をお膳立てしたFWカリム・ベンゼマは、その超絶プレーについて「それがフットボールだ」と語っている。

圧巻のアシストだった。前半アディショナルタイム、DFマルセロのサイドチェンジのボールをDFセルヒオ・ラモスが頭でペナルティーエリア内右に送ると、ベンゼマが追ってくるエスパニョールDFを背中に感じながら、ゴールエリアの角で後ろを振り向くことなく右足でヒールパス。ボールはベルナルドの股を通ってエリア内中央へと転がっていき、走り込んだカセミロがネットを揺らしている。

かつてグティ氏が見せた魔法のヒールパスを彷彿させたこのプレーだが、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューに応じたベンゼマは、次のように振り返っている。

「良いプレーだったけど、何より重要なのはその後にゴールとなったことだ。カセミロがよく決めてくれた。僕たちはとても満足しているよ」

「そのプレーは僕にとって……フットボールだ。自然とそうしたプレーが出てくるみたいな……僕にとってフットボールはそういうものなんだよ」

「カセミロが見えていたのか? ノーだ。でも後ろに走り込んでくることは分かっていた」

ベンゼマはまた、この勝利で2位バルセロナに勝ち点2差をつけたことについても言及している。

「もちろん、バルセロナの動きも見てはいるが、僕たちは僕たちが行うことに集中している。バルサについては話すことはない。とにかく、僕たちは良い調子だ。決勝から決勝へと進んでいこう。各試合がラ・リーガ優勝のための決勝戦だ」