飛行機事故で死去したサラの葬儀が16日に母国で…カーディフやナントの関係者が参列

飛行機事故で死去したサラの葬儀が16日に母国で…カーディフやナントの関係者が参列

現地時間16日、エミリアーノ・サラの葬儀が母国アルゼンチンのプログレソで執り行われた。

今冬の移籍市場でナントからカーディフ・シティにクラブ史上最高額で移籍することが決まっていたサラ。プレミアリーグでの活躍が期待された矢先の1月21日、フランスからウェールズに向かった際に搭乗した小型機とともに消息不明に。捜索により、3日に墜落した機体が海底で発見され、翌日に遺体が発見されると、7日に地元警察がアルゼンチン人ストライカーのものであると発表した。

そして、変わり果てた姿で故郷に戻ったサラの葬儀が16日に営まれる。この葬儀には、同選手の新天地であるカーディフのニール・ウォーノック監督とクラブCEOのケン・チュー氏が参列。さらに、古巣ナントからもクラブの代表としてDFニコラ・パロワらが出席した。

葬儀に参列したウォーノック監督は「彼は私の選手で、私のために契約してくれた。彼はチームにとって欠かせない選手になる予定だった」と静かに語り、「家族だけではなく、村全体が悲しみに暮れている」と傷心した様子でコメントを残した。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索