リーグ・アンは15日に第15節延期分が行われ、モナコとパリ・サンジェルマン(PSG)が対戦した。

12日にPSGホームで行われた同カードは、3-3の引き分け。熱戦から3日後に、今度はモナコのホームで激突することとなった。

ムバッペ、ネイマール、イカルディ、ディ・マリアと“ファンタスティック・フォー”を起用したPSGは立ち上がりから主導権を握ると、24分にディ・マリアのスルーパスに抜け出したムバッペが先制点を奪う。背番号7は、直近のリーグ戦6試合で7ゴール目となった。

すると前半アディショナルタイム、PKをネイマールが確実に沈めてリードを広げる。背番号10は、公式戦7試合連続ゴールを叩き込んだ。72分には、サラビアがダメ押しとなる3点目。終盤に1点を返されたものの、後半アディショナルタイムにムバッペがこの日2点目を奪い、4-1で快勝を収めた。

この結果、PSGはリーグ戦の無敗を8試合に伸ばした。勝ち点49で、2位マルセイユと8ポイント差となっている。