リヴァプールは23日、プレミアリーグ第24節でウォルヴァーハンプトンと対戦し、2−1で勝利した。ユルゲン・クロップ監督や主将のジョーダン・ヘンダーソンは試合後、相手FWアダマ・トラオレを称賛している。

この試合、前半にヘンダーソンのゴールで先制したリヴァプールだが、51分にはトラオレが入れたクロスをラウール・ヒメネスに頭で決められて同点に。それでも、84分にロベルト・フィルミーノが決めたゴールを決勝弾とし、14連勝を達成した。

試合後、クロップ監督はこの試合でインパクトを残したトラオレについて、「今、止められないね。ちょっと信じられない。なんという選手だろうか、(ウォルヴァーハンプトンは)彼だけじゃないが、彼は本当に素晴らしい」と、そのパフォーマンスを称賛した。

また、ヘンダーソンは、「非常にタフで、強くて、パワフルで、しかも速い。相対するのが困難な選手だ。なんとか皆でよく対応したと思うよ」とトラオレについて口にし、難しい選手だったと改めて感じている様子だった。

バルセロナユース出身で現在23歳のトラオレは、アストン・ヴィラ、ミドルズブラを経て、2018年の夏にウォルヴァーハンプトン入り。抜群のフィジカルを活かした推進力あるドリブルを武器にブレークした今季は、ここまでリーグ戦22試合で4得点6アシストをマークしている。