モナコに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールについて語った。

チェルシーで7シーズンにわたって主力として活躍したアザールは、昨年の夏に推定移籍金1億ユーロでレアル・マドリーに移籍。しかし今季、レアル・マドリーでは度重なる負傷の影響もあり、公式戦15試合で1ゴールを挙げるにとどまっている。

チェルシー時代にアザールと5シーズンにわたって共にプレーしたセスクは、レアル・マドリーで苦戦するアザールについて、「彼はちょっと自意識過剰なところがあるんだ」と話しつつ、それでも今後の活躍に期待した。スペイン『RTVE』で以下のように話している。

「マドリーでも何度か良い試合はしていたよね。でも、彼はちょっと自意識過剰なところが出るから。これは事実だよ」

「彼はもともと、いつもシーズンのスタートは苦戦してきた選手だ。だとしても、彼には素晴らしい将来があると思うよ」

なお、アザールは2月に行われたレバンテ戦で右足腓骨を骨折し、その後に手術。先月末には、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督がアザールの状態について、「順調に回復している。再び走れるようになるまで遠くはなく、合併症もない」と順調な回復ぶりであることを明かしていた。

現在リーガ・エスパニョーラは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断しているが、再開後に復帰して活躍する姿を見せることができるだろうか。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
● DAZNの2020年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
● DAZN番組表|直近のJリーグ放送・配信予定  ☆
● DAZN番組表|直近の海外サッカー放送・配信予定  ☆
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です
「☆」は提携サイト『 DAZN News 』の提供記事です