元チェルシーのミケル・オビ「テリーが先に1部を率いるかと…」ランパードの進捗に驚き

元チェルシーのミケル・オビ「テリーが先に1部を率いるかと…」ランパードの進捗に驚き

かつてチェルシーでプレーした元ナイジェリア代表MFミケル・ジョン・オビは、現在チェルシーをフランク・ランパードが率いていることに驚きを隠せないようだ。

ミケルはトルコメディア『61saat』のインタビューを通して、古巣チェルシーの現状について「ランパードはチェルシーで大きな一歩を踏み出したね。彼がチェルシーを成功に導いてくれることを願っているよ」語っている。

「僕がチェルシーにいた時から(ジョン)テリーとランパードは素晴らしい指導者になると思っていたんだよ。個人的にはテリーが先に1部チームを率いる立場になると思っていたんだけどね。あと、僕はランパードに会ったとき”引退したらあなたのアシスタントコーチになるから、勉強させてね”って言っておいたんだよ」

「テリーはピッチ上で生まれながらのリーダーだった。きっと、将来はランパードと同様にトップチームを指導するようになるんじゃないかな」

テリーは現在、ディーン・スミス率いるアストン・ヴィラでアシスタントコーチを務めている。ランパードは2部のダービーで指導者として評価を高めたが、昨季は1部昇格プレーオフでアストン・ヴィラに敗れ、結果としてダービーは2部からの昇格を果たすことはできなかった。

だがマウリツィオ・サッリがチェルシーから去ったことで、ランパードは古巣チェルシー指揮官のポストに今季から就く形になっている。

長らくチェルシーでともにプレーしたミケルからして、テリーよりランパードのほうが先に1部チームを指導する役職に就いたことについて、少なからず驚きがあったようだ。

1987年生まれ、現在32歳のミケルはノルウェーのリンで頭角を現し、2006年夏にチェルシーへ加入。そこから11シーズン目となる16−17シーズン冬の移籍市場で中国の天津泰達へ移籍した。2019年1月にミドルスブラへ加わりイングランドへ出戻りとなったが、今季ミケルはトルコのトラブゾンスポルに籍を置いている。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る