サラー、ローマ史上最高額の55億円でリヴァプールに移籍か…本日中に英国入り

サラー、ローマ史上最高額の55億円でリヴァプールに移籍か…本日中に英国入り

ローマに所属するエジプト代表のMFモハメド・サラーが20日中にも、リヴァプール入りすると、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。

リヴァプールは今夏の移籍市場において、サラーの獲得を狙っており、先週、ローマに2800万ポンド(約40億円)のオファーを送った。だが4月からローマのSD(スポーツディレクター)に就任した敏腕のモンチ氏は「イギリスのクラブからオファーはあったが金額はローマが決める。その金額でしか売らない」とコメントし、拒否したことを明らかにしていた。

その後、リヴァプールとモンチ氏の間で調整は続いていたが、20日中にもサラーが滞在先のエジプトからリヴァプール入りすることが報じられており、移籍が間近に迫っていることが明らかになっている。ツイッター上ではサラーが搭乗する予定の便の情報が拡散され、運航するエジプト航空がサラーに感謝のメッセージ(現在は削除済み)を送る騒ぎとなった。

サラーは2015年夏、チェルシーからローマにレンタル加入すると、翌夏、完全移籍を果たした。2016-17シーズンは公式戦39試合に出場し19ゴール12アシストを記録し、主力として活躍した。ローマに在籍した2年間での得点は合計34得点に上る。なお移籍金は4500万ユーロ(約56億円)とされており、ローマ史上最高額での取引となる。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索