ユーヴェ入り目前も心臓に問題発覚のシック、7日に再検査へ…合格ならレンタル移籍へ

ユーヴェ入り目前も心臓に問題発覚のシック、7日に再検査へ…合格ならレンタル移籍へ

サンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シックはユヴェントス移籍へ向けて再びメディカルチェックを受診することになるようだ。イタリア紙『トゥット・スポルト』が3日、伝えている。

21歳のシックはサンプドリアに16年夏に加入すると、途中出場が多い中でゴールを積み重ねてシーズン終盤にはレギュラーの座を勝ち取り、セリエA挑戦1年目で32試合11ゴールの成績を残した。すると王者ユヴェントスの目に留まり、オファーが届く。6月には参戦中だったU-21欧州選手権を一時離脱し、ユヴェントスの施設でメディカルチェックを受診。発表に備えて白黒のユニフォームを着用し写真撮影も行われた。移籍金3050万ユーロ(約40億円)でのユヴェントス加入が目前に迫りながらも、検査の結果心臓に異常が見つかり、移籍交渉はストップしてしまった。

それでもユヴェントスの副会長、パベル・ネドヴェドはチェコ代表の後輩シックの才能を高く評価し、7月の米国ツアー中も「まだすべての可能性が残されている」と述べ、交渉が続いていることを示唆していた。またジュゼッペ・マロッタGM(ゼネラルマネージャー)も「サンプドリアとは良好な関係を保っており、どうなるかはそのうち分かることだ」と含みを持たせる発言をしていた。

そして7日にも2度目のメディカルチェックがローマで行われる。休養期間を経て心臓内部の炎症が引いているかどうかの確認がなされる見込み。問題がなかった場合でも条件面での変更は必須で、買い取りオプション付きのレンタル移籍となる可能性が高い。もし今夏の移籍が見送られた場合は、冬もしくは来夏の移籍市場において、改めて移籍交渉が行われる。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索