伊に蔓延る人種差別問題…TV解説者がルカクを絶賛中に無意識の差別発言で出禁に

伊に蔓延る人種差別問題…TV解説者がルカクを絶賛中に無意識の差別発言で出禁に

インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクについて、イタリア人解説者がテレビ番組内で人種差別的な発言を行い、出禁となった。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。

ルカクは今シーズンからアントニオ・コンテ率いるインテルでプレーするが、セリエA第2節のカリアリ戦において人種差別的なチャントの標的とされて、波紋が広がった。あれからわずか2週間ほどで、今度はメディアにおいて人種差別の被害に遭った。

問題となっているのは、ミラノの地元メディア『テレロンバルディア』が制作するテレビチャンネル『トップカルチョ24』の生放送中に、元スポーツディレクターのルチアーノ・パッシラーニ氏がルカクについてコメントした内容だ。パッシラーニ氏はインテルFWを絶賛。「イタリアにおいて現在、彼のような選手はユヴェントスにもミランにもローマにもどこにもいない。彼は最高峰の選手の1人であり、私は彼が大好きだ。ゴールも決めてくれるし、チームをけん引してくれる」などと真剣な眼差しで語った。

だがルカクの強さを力説する中で、無意識ながらも差別発言を口にしてしまう。「1対1ではやられてしまうから、バナナ10本でも食べられるように与えておくしかない」と発言し、周囲を凍り付かせた。パッシラーニ氏はすぐさま、冗談として釈明したが、テレビディレクターのファビオ・ラヴェッツァーニ氏はその数時間後、番組内でパッシラーニ氏を次回の放送から除外することを発表。「故意ではなくても許されない発言」だとして謝罪した。

なおパッシラーニ氏は、別のテレビ番組内で謝罪。「私は80歳で40年間、サッカー界で生きてきたが、振る舞いにより、処分を受けたことはなかった。申し訳ない。私のパートナーや2人の孫も有色人種であり、私は差別主義者ではない」などと改めて釈明した。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索