バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、苛立ちを感じているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

バルセロナは27日、ラ・リーガ第32節セルタ戦を2-2の引き分けで終えている。暫定で首位に立ってはいるものの、同節でレアル・マドリーがエスパニョールに勝利すれば勝ち点差を「2」に広げられる、瀬戸際の状況に追い込まれた。

セルタ戦で2得点を決めたスアレスは、試合後のインタビューに対応。直近のアウェーマッチ4試合で1勝しかできていないことについて問われると、以下のように不満を吐露している。

「そのこと(アウェーでの調子の悪さ)についてはコーチ陣に聞いてみなければならない。感じるのは、これらは重要な勝ち点であって、他のシーズンには取りこぼさなかったということだ。これらの状況を分析しているコーチ陣に聞く必要があるだろう」

「感覚的にはネガティブだ。僕らは重要な2ポイントを失ったし、自分たちの試合すべてに勝利したうえでマドリーがポイントを失う必要があった。フラストレーションを感じるよ」

バルセロナは次節、30日にアトレティコ・マドリーとホームで対戦。リーガ終盤戦における一つの目玉ともいえるビッグマッチだが、勝利を収めて優勝の可能性を繋ぐことはできるのだろうか。