30日のラ・リーガ第8節、エイバルは本拠地イプルーアでのカディス戦を0-2で落とした。MF乾貴士は開幕から8試合連続の先発出場を果たしハーフタイムに交代。FW武藤嘉紀は82分から2試合ぶりの出場を果たしている。

イプルーアでの成績が2分け2敗とホーム未勝利のエイバルと、レアル・マドリー戦含めアウェー戦3試合全勝のカディスの対戦。乾は4-2-3-1システムのトップ下を務めている。

試合はエイバルがボールを保持し、カディスが持ち前の堅守から速攻を狙う展開に。エイバルはカディスの組織立った守備網を前に苦戦し、乾も窮屈なプレーを強いられる。33分には右サイドのクロスからファーの乾がヘディングシュートを放ったが、これは角度が厳しくGKヘレミアス・レデスマに弾かれた。

そうして36分、カディスが少ない速攻の機会をしっかりと物にする。ホセ・マリのパペ・ディオプに対するファウル気味のボール奪取からアレックス・フェルナンデスにボールが通り、折り返されたクロスをネグレドが頭で押し込んだ。カディスは40分にも速攻の効果性を見せつけ、中盤で再びP・ディオプからボールを奪うと今度はサルビが加点。エイバルは2点ビハインドで試合を折り返し、メンディリバル監督はハーフタイムに2枚代えを敢行する。乾、P・ディオプとの交代でエンリク、エクスポシトを入れて2トップにシステムを変更した。

攻勢を強めたエイバルだったが、レデスマの好セーブもあってゴールを奪うまでには至らず。カディスの速攻にも苦しみ続けることになった。メンディリバル監督は82分、猛攻を仕掛ける意図で持って武藤も投入したものの、同点はおろか1点を返すこともかなわず。イプルーアで、再び勝ち点獲得を逃している。

エイバルはここまでの成績を2勝2分け4敗として暫定で11位に位置。4勝2分け2敗のカディスは暫定で2位につけており、昇格組なら凄まじい勢いを見せている。