新戦力ヘセが決勝弾!ストークがアーセナル撃破で今季初勝利/プレミアリーグ第2節

新戦力ヘセが決勝弾!ストークがアーセナル撃破で今季初勝利/プレミアリーグ第2節

■プレミア第2節 ストーク 1-0 アーセナル

ストーク:ヘセ(47分)

現地時間19日、イングランド・プレミアリーグ第12節が行われ、アーセナルは敵地でストーク・シティに0-1で敗れ今季初黒星を喫した。

開幕戦、岡崎慎司の所属するレスター・シティ相手に辛くも勝利したアーセナルは、メスト・エジル、シュコドラン・ムスタフィ、アーロン・ラムジーが今シーズン初先発。ストークも加入したばかりのヘセ・ロドリゲスが先発し、今季初勝利を目指した。

地力で上回るアーセナルがボールを支配する予想通りの展開となる中、ストークは鋭いカウンターに活路を見出す。20分、カウンターからヘセがドリブルで持ち込み、右サイドからの折り返しをエリック・チュポ=モティングが合わせるもGKの正面だった。

25分、ストークにアクシデント。ジェルダン・シャキリが負傷により交代を強いられ、サイード・ベラヒノを投入する。

ボール支配で上回るアーセナルだが、決定機の数に差はない。崩しの場面で精度を欠き、アレクサンドル・ラカゼットが孤立しがちとなった前半を終え、守勢のストークにも充分な勝機がある内容となっていた。

すると後半開始わずか2分、抜け出したヘセが冷静に決めてストークが均衡を破る。まさに電光石火の一撃に、アーセナル守備陣はただただ呆然と立ち尽くすしかなかった。

気持ちを切り替えて追いつきたいアーセナルは、セアド・コラシナツに代えてオリヴィエ・ジルー。さらに79分にはラカゼットを諦めてテオ・ウォルコット、グラニト・ジャカに代えてアレックス・イウォビを投入し交代枠を使い切る。

しかし、依然としてゴール前での工夫に欠け、GKジャック・バトランドの守るゴールをこじ開けることができない。期待されたエジル、ラムジーはなかなか持ち味を発揮できず、ゴール前を固めるストーク守備陣に跳ね返され続けてしまう。

アディショナルタイムは5分と長めに取られたが、パワープレー気味に攻めるアーセナルの攻撃は決定機を生み出せず、最後まで集中した守備を披露したストークが虎の子1点を守りきり、アーセナル相手に今シーズン初勝利を手にした。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索