マンチェスター・U、パリSGの“悪童”オーリエ獲得に前進か...過去には警察沙汰も

マンチェスター・U、パリSGの“悪童”オーリエ獲得に前進か...過去には警察沙汰も

マンチェスター・ユナイテッドが、パリ・サンジェルマンのDFセルジュ・オーリエの獲得に近づいていることが分かった。

チェルシーなども獲得を狙っていたオーリエは、マンチェスター・ユナイテッドと5年契約を結ぶことになる見通しと現地メディアで報じられている。現在、右サイドバックにはアントニオ・バレンシアとマッテオ・ダルミアンがいるが、プレミアリーグ優勝を目指すジョゼ・モウリーニョ監督は、24歳のコートジボワール代表サイドバックの獲得を希望していた。

オーリエは、2014年からパリSGでプレーし、2度のリーグ・アン制覇、クープ・ドゥ・ラ・リーグとクープ・ドゥ・フランスの優勝をそれぞれ3度ずつ経験。しかし、警察沙汰に度々巻き込まれるなどトラブルメーカーとしても有名で、昨年11月にはチャンピオンズリーグのアーセナル戦に出場するために英国に渡航したものの、入国を拒否されていた。そのため、パリSG側は同選手の売却に前向きであると考えられている。

順調に交渉が進み、移籍決定の運びとなればユナイテッドにとってヴィクトル・リンデロフ、ロメル・ルカク、ネマニャ・マティッチに続き、今夏4人目の補強となる。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索