モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」

モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」

昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドの監督を退任したジョゼ・モウリーニョは、2022年にFIFAワールドカップが開催されるカタールを訪れ、大会に対する不安が軽減したと語った。『Goal』インド版が報じている。

モウリーニョはカタール・ワールドカップの本部を大会組織委員会のナセル・アル・ハタル氏と訪れたという。その際のモウリーニョの感想をカタールSCが発表した。

「非常に感銘を受けた。この国について知ることで、素晴らしいところだというのは予想していたから、非常に驚いたとは言えないがね。だが、各国の代表スタッフたちが疑問に思っていた、大会組織のレベルに関しては素晴らしいと言えるよ」

「ヨーロッパの選手、指導者、クラブは大会組織について懐疑的だったが、一度ここに来てみればそのような疑問は持たなくなるだろう」

55歳のポルトガル人指揮官は2022年のカタール・ワールドカップは必ず成功するだろうと強調した。

「施設は素晴らしいね。練習場の数、スタジアムの美しさと安全性、スタジアム間の距離など細部まで考えられている。チームは長い距離を移動することなく、同じ練習場でトレーニングし、1カ月滞在できるだろう」

「天候はそれほど悪くはならないだろうね…だから素晴らしい大会になると思う。この素晴らしい運営に値するフットボールが行われることを願っているよ」

大会はヨーロッパ各国のシーズン期間中の11月に開催される。モウリーニョは、クラブにとってこの開催期間は望ましいものではないだろうと予想している。

「私は2022年にはクラブの監督として仕事をしているだろうが、シーズン中に選手たちがワールドカップでクラブを離れるのは、嬉しいことではない。だが、このイベントには素晴らしいものがすべて揃っていると認めざるを得ないだろう」

さらに、モウリーニョは各試合会場の距離が短いため、大会期間中に国中を移動する必要がない点を非常にポジティブだと強調した。

「ヨーロッパの短いプレシーズンでさえ、我々は移動を嫌い、拠点を持つことを好む。しかし、興行的な理由から、長距離移動移動をしなければならないんだ。常に移動時間の短縮を試みていて、拠点となる適切な施設を探している」

「どの代表チームも、滞在地、ホテル、トレーニング施設を選び、大会を敗退するまでもしくは、トロフィーを獲得するまでの間、それがチームの家になる。この素晴らしい環境はクラブレベルでも普通のことではない。ファンタスティックだ」


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索