ヘルタ・ベルリンのユルゲン・クリンスマン監督は11日、就任からわずか10週間で辞任することを発表した。

クリンスマンは2019年11月、降格の危機に瀕していたチームの指揮官に就任。ヘルタでの10試合で3勝3分け4敗という成績を残していた。クリンスマンは自身のフェイスブックで以下のような声明を明らかにしている。

「私にとって非常に刺激的な時間で、多くの興味深い挑戦があった。クラブと街は私の心に強く残っている。11月末、クラブの希望に応え、非常に有能なチームとともにし、難しいときにやってきた。多くの人々のサポートのおかげで、比較的短期間で進歩できた。現在は降格圏から6ポイント離れている。ヘルタが彼らの目標を達成し、彼らの場所を維持できると確信している」

「ただ、監督として私は皆の信頼を必要とするが、それは達成されなかった。特に残留争いでは団結や結束が最も重要だ。それが保証されなければ、責任を果たすことはできない。だからよく考えて、監督を辞任することにした」

ヘルタは現在14位。入れ替え戦圏内の16位とは6ポイント差となっている。