元アルゼンチン代表FWが後輩メッシへの願望を告白「彼をイタリアで見ることが私の夢」

元アルゼンチン代表FWが後輩メッシへの願望を告白「彼をイタリアで見ることが私の夢」

元アルゼンチン代表のディエゴ・ミリート氏が、19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、自身の願望などを明かした。

現在40歳のミリート氏は、2009年から2014年までインテルでプレーし、ジョゼ・モウリーニョ指揮下でトリプレーテ(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリアの3冠)を達成した。そんなミリート氏は、セリエA復帰の可能性が報じられている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチについて自身の見解を示した。

「彼は今も王者だ。MLSを見ていたが、現在も素晴らしいサッカーを見せている。彼はトッププレーヤーであり、これからも充実した選手生活を送れるし、そうすることを望んでいるはずだ。彼を再び受け入れることは、セリエAにとっても良いことではないだろうか」

セリエAではすでに、世界最高峰FWの1人であるクリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスでプレーしている。しかしミリート氏は、さらなるスターの加入を熱望。アルゼンチン代表の後輩にあたるバルセロナFWリオネル・メッシの参戦を願った。

「彼をイタリアで見ることは私の夢だ。実現することを祈っているよ。彼は私にとって、史上最強の選手だからね。(ディエゴ)マラドーナよりも? 私がディエゴを見たのは子供の頃のことだし、今、メッシの話をしているのは、私自身が彼と一緒に練習し、プレーする幸運に恵まれて彼の能力を見てきたからだよ」

■ミリート氏が推薦したアルゼンチンの若者

インテル黄金期を経験したエル・プリンシペは昨年夏、古巣にアルゼンチン人選手を推薦していたことを明かした。

「プーピ(ハビエル・サネッティ副会長の愛称)に連絡してある若者を推薦したんだ。彼の名はラウタロ(マルティネス)。プーピはすでに名前を知っていたが、もっと彼のことを知りたがっていた。それでその後も何度か話をして、私は自信をもって伝えた。『彼なら間違いない』とね。それで彼はインテルにいるわけさ」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る