今季、初出場のUEFAチャンピオンズリーグで8強進出と大躍進を見せているアタランタ。そのアタランタから、新型コロナウイルス感染者が出たと公表された。

24日、アタランタはGKマルコ・スポルティエッロが新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たと明かした。アタランタは「マルコ本人は大きな自覚症状はないようだが、マルコとトップチームの選手全員は保険機関のガイダンスに従い、隔離状態に入っている」と説明している。

現在、新型コロナウイルスはヨーロッパで深刻化しているが、イタリアは欧州で最も感染者が多く、6万9000人以上が陽性と診断され、死亡者は6800人を超える。アタランタの本拠地であるイタリア北部のベルガモ県はイタリア国内でも深刻な状況にあり、同県だけで6728人の陽性が確認されている。

これまでセリエAではダニエレ・ルガーニ、ブレーズ・マテュイディ、パウロ・ディバラ、マノロ・ガッビアディーニなどの感染が確認されており、スポルティエッロはセリエAで15人目の感染例となった。