バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言

バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言

この冬の移籍市場でバルセロナに加入することが濃厚となったサッスオーロFWケヴィン=プリンス・ボアテングだが、過去にはバルセロナの宿敵レアル・マドリーへの愛情を公言していた。

バルセロナはこの冬の移籍市場でFWムニル・エル・ハダディをセビージャに放出し、その代わりにFWルイス・スアレスのバックアッパーを務められる選手を探していた。そこで白羽の矢を立てたのがボアテングだ。バルセロナは買い取りオプション付きのレンタル移籍で、同選手を引き入れる見込みとなっている。

しかしながらこのボアテング、過去にはレアル・マドリーへの愛情を口にしていた。2017年4月に行われたインタビューで、同選手はクラバルセロナとレアル・マドリーのどちらのファンかと問われて「マドリー」と即答。さらに、バルセロナとレアル・マドリーのどちらでプレーしたいかとの質問には、こう返している。

「(古巣の)ミランかな(笑)。いや、マドリーだよ。子供の頃は、ずっと白いユニフォームが好きだったんだ」

バルセロナファンの中には、クラブ首脳陣の“悪童”獲得という方針に当惑している人々もいるようだが、この過去の発言はさらに拍車をかけることになりそうだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索