レアル・マドリー、“禁断の移籍”果たしたテオ・エルナンデスがクラシコでデビューへ

レアル・マドリー、“禁断の移籍”果たしたテオ・エルナンデスがクラシコでデビューへ

レアル・マドリーDFテオ・エルナンデスの、公式戦デビューの日が刻一刻と近づいている。

マドリーは今夏、移籍金2600万ユーロ(約30億円)を支払ってアトレティコ・マドリーからテオを獲得。マドリードの拠点を置く2クラブ間での“禁断の移籍”が実現した。ブラジル代表DFマルセロの後釜として、マドリーの同選手への期待値は高い。

13日にスペイン・スーパーカップ第1戦でバルセロナと対戦するマドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督はマルセロに休養を与えることを検討している。フランス人指揮官はプレシーズンでのテオの出来に満足しており、クラシコで19歳DFを公式戦デビューさせようとしている。

昨季アラベスにレンタル加入していたテオは、バルセロナと3度対峙した。コパ・デル・レイの決勝では見事な直接FKを沈め、スター軍団を震撼させた。今回のクラシコでテオがどんなプレーを見せるか、注目だ。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索