ラキティッチは1月にバルセロナ退団へ?ユヴェントスとインテルが関心

ラキティッチは1月にバルセロナ退団へ?ユヴェントスとインテルが関心

MFイヴァン・ラキティッチが、来年1月の移籍市場でバルセロナを退団する可能性があるようだ。スペイン『アス』が報じている。

MFフレンキー・デ・ヨングらを確保し、中盤の若返りを図っているバルセロナ。今夏の移籍市場では31歳のラキティッチが放出候補と見なされてきたが、噂されたユヴェントスへの移籍は成立せず。

しかし、今シーズンのリーガ・エスパニョーラでのラキティッチのプレー時間は計156分間にとどまっており、フル出場を果たした試合は1つもない。ラキティッチは、クロアチア代表としての活動中に「海辺を散歩するためだけにバルセロナにいたくはない」と不満を露わにしている。

とはいえ、『アス』によれば、クラブ内部の人間はラキティッチの時間が終わったとは考えてはいないとのこと。ユヴェントスとインテルからの関心を認識しているが、静観の構えを見せているという。それでも、ベンチを温めることに慣れていない同選手の状況がクリスマスまでに変わらなければ、冬の移籍市場で退団を決断する可能性があるようだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る