バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、去就に注目が集まるMFチアゴ・アルカンタラについて言及した。

2013年のバイエルン加入後、ブンデスリーガ7連覇など数々のタイトルを掲げてきたチアゴ。現チームでも重要な存在となっているスペイン代表MFは、現行契約は2021年までとなっている。以前には「キャリアを終えるにあたって最高なクラブ」と語るなど、契約延長は近いと見られていた。

しかし、先日リヴァプールが獲得に関心を持っているとドイツ複数メディアが一斉に報道。また依然として新契約にサインしていないことから、移籍の可能性が急浮上している。

そんな中、ルンメニゲCEOが『ビルト』でチアゴの去就について言及。選手が退団を希望し、契約延長をしないことを示唆している。

「ピッチの中でも外でも、素晴らしい男だ。我々は彼と真摯に交渉し、彼の要求はすべて叶えた。だが、キャリアの終わりに何か新しいことをしたいと思っているようだ」

「我々はリヴァプールと接触したことはない。彼がそうしたいのであれば、我々は対処しなければならないね」