「ハラスメントに当たる行為」フランス選手会がラビオを“干す”PSGに警告

「ハラスメントに当たる行為」フランス選手会がラビオを“干す”PSGに警告

パリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオへの待遇は“ハラスメント”に当たるようだ。ナショナル・プロフェッショナル・フットボーラー・ユニオン(UNFP)が苦言を呈した。

今シーズンいっぱいで契約が満了を迎えるラビオに対して、PSGは契約延長オファーを提示するも退団を望む同選手はこれを拒否。23歳のフランス代表MFがバルセロナ移籍に近づくと一部で報じられるなど契約延長交渉はこのまま決裂し、PSGはこの報復としてラビオをファーストチームから外すことを決めている。

一向に収束しないラビオの去就に関する問題を受け、UNFPはPSGの対応を問題視。同組織のディレクターを務めるステファン・バーチカルター氏は、『Goal』に対して口を開いた。「今シーズン終了後に満了を迎える契約の更新を拒否したラビオの場合、仮に一時的なシチュエーションだとしても、これが必要な措置だとは考えられない。彼はファーストチームに復帰すべきだ」

また、同氏は23日までにラビオをファーストチームに戻さなければ、何かしらの処分をPSGに科す可能性があると主張した。「次の48時間以内に彼を復帰させなければならない。できなければ、彼らは制裁を受けることになる。なぜなら法律の観点から、PSGにアドリアン・ラビオをリザーブチームに送る権利はない。(ハテム)ベン・アルファの時と同様だ」

「選手がトレーニングをするのに問題のないコンディションで、クラブが規則を破り続けるのなら、ハラスメントによる差別的な対応と見なす。この待遇は間違ったことであり、今すぐに改善されるべきだ」

昨年の12月上旬よりファーストチームでの出場機会を得られないラビオだが、UNFPの訴えにより状況は改善するのだろうか。


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索