最強FW擁するウルグアイとエジプト…前回対戦は12年前【データで見るロシアW杯対戦カード】

最強FW擁するウルグアイとエジプト…前回対戦は12年前【データで見るロシアW杯対戦カード】

ロシア・ワールドカップ開幕戦で15日にエジプトとウルグアイが対戦する。

重要な初戦を前にデータで両チームの情報をチェック。以下はデータサイト『Opta』による両チームの情報となっている。

■ウルグアイがエジプトに勝利したのは前回の対戦のみ。2006年8月にアレクサンドリアで2-0と勝利している。

■ウルグアイはワールドカップでアフリカのチームに負けたことがない(1勝2分)

■今大会でエジプトは3回目のワールドカップ出場で、1990年大会以来の出場である。ワールドカップでの最後の試合は実に1990年6月21日まで遡る。そのときはグループリーグ最終戦でイングランドに0-1と敗れている。

■エジプトはこれまでワールドカップで勝利したことがない。2分2敗の成績である。さらに、エジプト以上にワールドカップで勝利できていないアフリカの国はない。

■今大会でウルグアイは3大会連続13回目の出場である。ウルグアイの最多連続出場記録は1962年から1974年までの4大会連続出場である。

■ウルグアイは1930年の第一回ワールドカップの優勝チームである。さらに2回目に出場した1950年大会でも優勝している。しかし、それ以降グループリーグを突破した6回のうちベスト16より先に進めたのは2010年大会で4位になった1回のみ。

■ウルグアイはワールドカップの最近8試合で4勝3分1敗と2014年大会でコスタリカに敗れた1敗しかしていない。しかしながら、ここ6大会の初戦では3分3敗と未勝利となっている。最後に初戦で勝てたのは1970年大会のイスラエル戦(2-0)まで遡る。

■モハメド・サラーは2018年のワールドカップアフリカ3次予選で得点王になっている。エジプトが上げた8ゴールのうち5ゴールは彼による得点である。

■エディンソン・カバーニはワールドカップ南米予選で10ゴールを挙げて得点王となっている。.

■ルイス・スアレスはワールドカップでのここ13ゴールのうち7ゴールに直接絡んでいる(5ゴール2アシスト)

■エクトル・クーペルは監督として初めてのワールドカップである。彼のエジプト代表監督における国際大会での唯一の成績は2017年のアフリカネーションズカップでの準優勝である。決勝では1-2とカメルーンに敗れている。

■一方ウルグアイのオスカル・タバレス監督にとって4回目のワールドカップである(1990年、2010年、2014年)。 今大会彼より多くワールドカップに出場している監督はいない。そのワールドカップでの15試合の成績は6勝3分6敗とイーブンとなっている。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索