バルサスポークスマン、ネイマール移籍に「290億円を支払うクラブがあるとは思わなかった」

バルサスポークスマン、ネイマール移籍に「290億円を支払うクラブがあるとは思わなかった」

バルセロナのスポークスマンを務めるジョゼップ・ビベス氏は、FWネイマールのパリ・サンジェルマン移籍が想定外のものであったことを認めている。

パリSGが契約解除金2億2200万ユーロ(約290億円)を支払い、移籍が決定したネイマール。ビベス氏はブラジル代表FWの退団について以下のように説明した。

「ネイマールの退団は、快いものではなかった。お金の問題ではなく、彼の姿勢の問題だ。彼は最初からもっと明確な態度を示すべきだった」

「我々はネイマールの契約解除金を支払うクラブがあるとは思わなかった。2億2200万ユーロだぞ」

「(ジョルディ・メストレ副会長が)200%残留を明言したのは、確信があったからだ。だが我々は今ネガティブな感覚をまったく抱いていない。感覚はポジティブなものだよ」

また、ビベス氏はネイマール側に昨年の新契約締結の際に合意していた2600万ユーロ(約33億円)のボーナスの支払いを行わないことを明かしている。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索